Skip to main content

ホーム  会社概要  お問い合わせ  サイト マップ  リンク  ちょっとひといき!   
 ホーム>ちょっとひといき
                                                  
 
お仕事を頑張っているみなさんは、人間関係などストレスを抱えることも多いですよね。
 
上司、部下の関係や、同僚との関係など悩みも多いかと思います。
 
それは今も昔もずっと変わらない悩みではないでしょうか?
 
そこで、ひといきついてこのページを見ていってください。
 
戦国時代の大名や武将の言葉から学べることがあれば、実践してみてはいかがでしょうか?
 
戦国時代はまさに命を賭け、一族や町民のために領土拡大、安定財源確保に向け
 
日夜努力していた時代でした。そんな時代だからこそ人との信頼関係を築き、優秀な
 
人材を得ることは非常に重要な要素となっていました。
 
もちろん、その戦国武将の考え方がすべて正しいと言っているわけではありません。
 
現代人でも共感できる言葉もあると思いますので、簡単ですが紹介させていただきます。
 
 
 「したいことをするな。嫌なことをしろ。」  武田 信玄
 
嫌なことを先延ばしにすると自分を弱くする。自分の好きなことばかりしていたのでは人間は
 
強くならない。また、他人のためにならない。
 
 
 「口に出す言葉は遅く、決断は早く。」  鍋島 直茂
 
口に出すべきことは、じっくり考えてから言葉にした方がいい。拙速に口に出すと、後で後悔
 
することが多い。しかし、決断は早めにすべきだ。グズグズしているとチャンスを逃してしまう。
 
こういう時に一番必要なのは情報である。
 
 
 
 「人は城 人は石垣 人は堀」  武田 信玄
 
分権と責任。自分の部下は、すべてトップの権限の一部を委ねられ、同時に責任を持つ
 
存在でならなければならない。部下の一挙手一投足によって、武田家のイメージが固定
 
されている。
 
 
 「問題は人を得ることです。」  明智 光秀
 
人が決め手で、どんなに立派な建物や機械を持っていても、それを使いこなすのは人間だ。
 
人を得なければ、建物も機械も結局は猫に小判に終わってしまう。
 
 
 「皆に誉められる人間は、決して立派ではない。」  徳川 家光
 
とえ裁判が正しく行われたとしても、負けた方は絶対に裁判官を良く思わないだろう。
 
これと同じで、世の中のことをすべて正しいからといって、それがその通りに受け入れられ
 
るとは限らない。恨む者も必ず出てくる。人間も同じだ。すべての人間に誉められるとい
 
うのは、八方美人であって、自分を持っていない証拠だ。こんな人間は役に立たない。
 
 
 「戦に敗れたり家が亡びるのは天命ではない。やり方が悪いからだ。」  武田 信玄
                                 
 
人はよく、負けるはずのない戦に負けたり、あるいは滅びるはずのない家が滅びると、それは
 
天の命だという。そんなことはない。今までのやり方が悪いからだ。物事はすべてちいさいこ
 
とをいかに大切に考え、積み重ねていくかという心構えが必要だ。トップにたった者は、日常
 
の行いを正しくして、善行を積み重ねていかなければ部下は決してついていかない。
 
 
 「組織を保つ秘訣は、下の者の意見をよく聞くこと。」  堀 直寄
 
気をつけることは、自分の考えを押しつけるのをやめて、まずは身分の低い者から
 
意見をきくこと。
 
 
 「部下を夏の火鉢や、ひでりの雨傘にするな。」  黒田 如水
 
適材適所、あるいはその人間が持っている能力をうまく使っていないということだ。夏の火鉢
 
が役に立つか。あるいはカンカン照っている時の雨傘は役にたつか。部下の能力を見抜け。
 
適正がどこにあるか考えろ。
 
 
 「よその若者を誉めることは、うちの若者をけなすことだ。」  加藤 清正
 
優秀な若者を採用すると、うちの若者たちが、それでは我々は優秀ではないのか、だから
 
よその若者を採用するのかとひがむようになる。それはまずい。むしろ加藤家で茶の湯話の
 
かに自分の経験を語るような老人の方がいい。あるいは、まだまだ手柄を立てようと意気
 
込む中年の方がいい。若者はやめろ。この言葉を聞いた加藤家の若者は、清正公が自分
 
達を大事に思ってくれていることを思い、発奮したとのこと。
 
 
 「勝った時には褒美を、負けた時には優しい言葉を。」  鍋島 直茂
 
勝ち戦の時は、褒美をたくさん与えるのがよい。しかし、負け戦の時は、褒美を与えても駄目
 
だ。それよりも優しい言葉をかけるほうが効果がある。優しい言葉というのは、おまえたちは
 
は何をやっていたんだ!と負け戦の犯人探しで、部下の責任を問い詰めるようなことをしな
 
いことだ。今日はうまくいかなかったな、こんどは一緒に勝つ方法を考えよう、皆、よくやった。
 
というようなことを言えば部下達も発奮するに違いない。自分の責任を棚にあげて部下ばか
 
り責めても、いよいよ部下の心は離れてしまう。トップたるも者はこういう心がけが必要だ。
 
 
 「過失者は生まれ変わらせて使え。」  徳川 秀忠
 
部下が失敗すると、よく「いったい何をやっているんだ!」と怒鳴りつけるリーダーがいる。
 
そして見限ってしまう。そんなことをしてはいけない。それでは、その人間が二度と立ち上が
 
れなくなる。失敗した人間は、自分で自分を変えるように仕向けるべきだ。だから失敗した
 
ことをみんなで始末するときも、失敗した人間を除くのではなく、むしろお前も参加しろ、
 
しく生まれ変わって潜在している能力を引き出せ、と言うべきだ。
 
 
 「戦は五分の勝ちをもって上となし、七分を中とし、十を下となす。」  武田 信玄
                              
 
5分勝てばもっと勝たなければいけないといってその分励む。しかし七分勝つとこれでいいと
 
言って気を緩める。努力しなくなる。完全勝利をすると俺は勝った、勝ったと奢りを生ずる。
 
人間は常に努力が必要だ。そのためには五分の勝ちあたりでとどめ、常に不断の努力を
 
続けることが肝要である。
 
 
 「主従や友達の間が不和になるのは、わがままが原因だ。」  豊臣 秀吉
                       
 
世の中を見ていると、よく主従の間や友達の間が不和になることがある。が、原因を突き詰
 
めていくと、必ずわがままから起るような気がする。とくに上に立つ者は、このへんに気をつけ
 
なければならない。自分が嫌なことを他人に押しつけないことだ。たとえ部下でも、主人から
 
自分の嫌なことを押しつけられれば気持ちのいいものではない。自分が嫌だからといって部
 
下にやらせようとすれば、部下はその心根を見抜く。決して心からの忠誠心は得られない。
 
 
 「悲しい顔つきの男は葬式に使え。」  堀 秀政
 
いつも泣き顔をしている部下がいた。他の部下はやる気が失われるので追放を願い出た。
 
秀政はこう答えた。「どんな人間にも必ず使い道があるはずだ。あの泣き顔は、私の代わり
 
に葬式に行かせることにしろ。」泣き顔の男は張り切って泣き顔を活用した。葬式の先方
 
からも深く感謝されることとなった。人は使いようである。
 
 
 「善人には断は下せない。」  毛利 元就
 
トップが人を用いる時に考えなければならないことがある。それは、誰からも誉められる者を、
 
決して重い役につけてはならないということだ。誰からも誉められる者は断が下せないからだ。
 
誰からも良く思われようとすると、たとえ悪事をした人間に対しても情け深くなる。そのために、
 
評判は良くなる。しかし、公平を求める人間からは批判される。したがって、真面目な者が
 
しだいに仕事をしなくなる。
 
 
 「金で人を使おうとすれば、必ず離れていく。」  大谷 吉継
 
石田三成が関ケ原の合戦を起こす時、反対した時に使った言葉。「あなたは、金銀を使う
 
仕事に堪能経営感覚も鋭い。そのために秀吉公に重く用いられた。が、今度の合戦で、
 
もしも人間が金銀で動くなどと思ったら大間違いだ。合戦の時、人が動くのは、大将の人望
 
や能力によってだ。残念ながらあなたには人望も能力もない。この合戦は、やめた方がいい。
 
しかし、どうしても徳川家康と戦うというのなら、私はあなたに見方する。」
 
 
 「トップは進め進めと言っているだけでは駄目だ。ここへ来いということも必要だ。」  蒲生 氏郷                           
 
後ろから部下に向って進め、進めと言っているだけでは駄目だ。場合によっては自分が真っ
 
先に危険な場所に出て、周囲の安全を確かめ、大丈夫だからここへ来い、というような
 
命令も必要だ。進めというのはあそこへ行けということだ。しかし、時にはここへ来いという
 
ことも必要なのだ。
 
 
 「すぐわかりましたという人間に、わかったためしはない。」  小早川 隆景
 
人の意見を聞いて、すぐごもっともです、そのとおりです、という人間が本当に分かったためし
 
がない。本当に人の意見を聞く者は、自分で納得いかないことは、何度でも駄目押しを
 
する。なぜ、そうなるのですか?あるいは、そういうことをすると、こういう結果がでるのでは
 
ありませんか、などとぐいぐい押しまくる。わからないことがあっても、こんなことを聞いては相手
 
が気分を悪くするのではないか、などと考えるのは、本気でその意見を聞いていない証拠だ。
 
したがって、俺の言ったことを、すぐにわかりましたなどと請合う部下は信用しない。
 
 
 「真の勇者は人の過ちを咎めない。」  木村 重成
 
木村重成は普段からソフトな人柄で、決して人の過ちを咎めなかった。意地の悪い連中が
 
ある日重成の頭を打った。そして「口惜しければ俺を殺せ」と言った。重成は笑って言った。
 
「そんなことはしない。おまえを殺せば私も死ななければならなくなる。いまは大事な時だ。
 
おまえごときと相討ちになるのは真っ平だ。いずれご用にに立つ時が来る。」「言い逃れだ。
 
おまえは臆病だ。」と悪い連中は言った。しかし、大阪の陣がはじまった後、木村重成は
 
勇敢に戦った。笑った者たちは、重成こそ本当の勇気のある武士だと誉め称えた。
 
 
 「武士は常に自分をいたらぬものと思え。」  加藤 嘉明
 
武士は常にまだいたらないと思うことが肝心だ。そうすればし損なうことがない。逆に自分は
 
完全だと思えば必ずし損いが起こる。これは、自分の能力を自覚して、目標を常に一歩
 
高めに置くことである。そうすれば、いたらない能力をなんとか増やそうと努力する。ところが、
 
自分の能力に見合った目標を設定すれば、自分はこの程度のことはすぐにできると慢心
 
する。そうすると人間の向上はない。武士は常に目標をちょっと高めに置いて、それに追い
 
つくような努力を継続させるべきだ。
 
 
 「一度立てた信念は貫け。」  蒲生 氏郷
 
部下に西村という武士がいた。ある合戦で抜け駆けをして追放された。が、間に入る者が
 
おり、西村をもう一度呼び戻そうということになった。西村は戻ってきた。氏郷は「西村、
 
浪人して力が弱ったろう。相撲を取ろう。」と言った。西村はいきなり氏郷を投げ飛ばした。
 
部下はびっくりして「こんどはわざと負けろ、大事な相撲だぞ。」と囁いた。が、西村は再び
 
氏郷を投げ飛ばした。氏郷は大笑いして言った。「西村、みごとだ。一度立てた信念は
 
武士ならば貫かなければ駄目だ。おまえは貫いた。よし、帰参を許す。」西村ははっと
 
平伏した。
 
 
 「わが軍のいたらぬところを教えてください。」  藤堂 高虎
 
関ケ原の合戦で捕えられた石田三成に対し、多くの大名たちは罵詈や侮蔑の声を投げた
 
が、高虎はそんなことはしなかった。丁寧に三成に対し、「あなたの軍は勇敢にわが軍と戦っ
 
た。私の軍を見てどこかいたらぬところがあったら教えて下さい。」と言った。感動した三成は
 
こう言った。「ひとつだけ感じたことがあります。それはあなたの鉄砲頭の身分が低いように思
 
いました。あれだけの働きをする人ですから、もっと高い身分に引き上げるといいでしょう。」
 
「なるほど。おっしゃる通りです。鉄砲頭は確かに低い身分でした。ありがとうございました。」
 
と高虎は丁寧に礼を言った。この高虎の態度は、多くの大名たちを反省させたという。
 

 

ひといきつかれましたら、ミスト装置

 

 

「エスリム」の説明も見てやってください。